Pocket

パラセクト

この説には、いくつかの根拠があるので、ご紹介していきます。

 まずは、パラスと進化後のパラセクトの目が違うという事です。パラスには、ハッキリとした黒目があるのですが、パラセクトに進化すると白目だけになってしまう。その事からパラスは進化する事で、寄生していたキノコによって、亡くなってしまっているのではないか思われる。

パラス

 次の根拠としては、パラセクトの名前の由来にある。パラセクトという名前は、寄生虫という意味のパラサイトと昆虫という意味のインセクトから誕生したと言われている。この事から、パラセクトがキノコに寄生されていることは、予想される。実際に、パラスの上に寄生するキノコは実在している中国にある冬虫夏草というキノコの一種と思われる。この冬虫夏草は、蛾の仲間に寄生しているキノコとして知られており、冬虫夏草は冬眠している虫の中に侵入して、虫から栄養分を吸収する。暖かい時期になると、キノコを虫から生やす。

パラスのポケモン図鑑には、冬虫夏草に寄生されている事もしっかりと書かれている。ルビー・サファイアの図鑑では、 『からだが おおきくなると せなかから とうちゅうかそう という キノコは はえてくる。』、  ピカチュウ版の図鑑では、  『あなをほり きのねっこから えいようをとるが ほとんどは せなかのキノコに うばわれる。』  と書かれている。

さらに、パラセクトの図鑑にも、この都市伝説が事実なのではないかと思わせる説明が書かれており、ダイヤモンド・パール版では、  『からだより おおきな キノコが パラセクトを あやつっている。 どくの ほうしを ばらまく。』  と、この事からパラセクトはキノコに操られている都市伝説ができた。